HOME > ブログ > 3ページ目

ブログ 3ページ目

6月のディスプレー


遠くてなかなか来れない方のために
マッサのディスプレーをご紹介していきたいと思います!


今月は、ジューンブライドですね

IMG_4611.jpg

IMG_4614.jpg

IMG_4610.jpg

おとな旅・神戸のレッスン

IMG_4596.jpg

本日は マッサで「おとな旅・神戸」の講習会でした。
 

修行先であるパリの3ツ星レストラン『ルドワイヤン』のデセールを
手軽に皆様にお伝えできないか?と思い考案した【ジュレ・アグリュム】。
(3ツ星のLe Meurice(ル・ムーリス)で料理の采配を振るっていたヤニック・アレノ氏が
今はシェフをされてます。)



2種類のグレープフルーツとライム、アカシアのはちみつを使った爽やかでさっぱりとしたジュレ。
日本ではあまりない組み合わせですが、やみつきになること間違いなし!
おしゃれな夏のスイーツです。
 

もう1つは、オーストラリア菓子の【レミントン】。
(フランス菓子からの流れで・・オーストリアと思いきや、オーストリアではありません!)
関西では、今は買えない?と噂のスイーツです。

オークウッドの横田シェフがホテル時代によく紹介されてました。
 

レミントンとは、オーストラリアの家庭菓子でジェノワーズ生地の表面に
チョコレートソースを染み込ませ、ココナッツでコーティングしたスイーツです。
 

今回はマッサ風にアレンジし、口の中でクリームを思わせるとろけるジェノワーズに、
濃厚なチョコレートを染みこませました。 

冷たく冷やして食べると トレビアン!!


参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!
楽しい時間が過ごせました。 


今月より、マッサのお菓子教室も始まります。
ご興味ある方は、まだ間に合いますのでお問い合わせください!

 

 

今週のオーダーケーキ


今週作らせていただいたオーダーケーキの一部をご紹介します。

ご参考になさってください。

IMG_4570.jpg
競走馬のケーキ 12cm


IMG_4573.jpgバラのブーケ 12cm


IMG_4578.jpg
阪急電車 チョコ15cm

 

母の日

IMG_4568.jpg

昨日は、多くのお客様に来店して頂き、ありがとうございました。

皆様のおかげで、母の日ケーキも「用意しすぎたかな?」と不安になる数でしたが、完売することができました。


マッサから皆様に感謝の意味を込めて、人気者の彼にカーネーション持たせました!
 

今後ともよろしくお願い致します。


外国人旅行者向けの観光ガイドアプリ『DiGJAPAN!』に掲載!


Screenshot_2015-05-07-14-48-30.jpg
外国人旅行者向けの観光ガイドアプリ『DiGJAPAN!』神戸版に
『ラトリエ・ドゥ・マッサ』が掲載されました!
(スマホでも1週間後くらいからは見れるようになるそうです)
 

定番旅行ガイドブック『まっぷる』や、カーナビ向け地図データを提供している昭文社がリリースしている、
外国人旅行者向けの観光ガイドアプリ『DiGJAPAN!』
 

日本語はないのですが、英語、中国語(簡体字・繁体字)、タイ語、韓国語の5か国語で展開されています。
 

昨年のタイからの雑誌取材といい、これからの時代、パティスリーでも最低、英語くらいは話せなきゃダメなんですね・・・大変です。

 


東灘だんじり祭

IMG_4557.jpg
昨日、今日と『東灘だんじり祭』です。

マッサのお店の裏を通っていきます。
(昨年か、一昨年は、表と裏を通ってました)

新人の子は見たことないことが多いのですが、
毎年、店のスタッフ、総出で見送ってます!

小さい時から東灘区ではGW中にだんじりが走るので、太鼓の音とかけ声が聴こえてくると、
「あぁ5月になったな~」って思います。

こうやって書いている今も太鼓の音が近づいてきています。
 

レザネフォールのスフレ・オ・ショコラ


フランス修業時代からの友人で会うといつもお世話になっている、東京・恵比寿にあるレザネフォールの
菊地 賢一シェフ。(パリでは、ラーメン食べに行ってましたね)

そんな菊池シェフから驚きのメールが、なんとラデュレ時代の同僚のフランス人が菊地シェフのお店で
研修中!「彼がよろしくって言ってますよ」とのこと

びっくり! 

しかも、本場のフランス人が日本のパティスリーで研修するなんて、さすがです・・・菊地シェフ! 
Wびっくりです。



日仏の面識のない2人が出会って、しかも2人が遠く神戸に居る僕のことを知っているなんて 
世間は狭いというか・・・世界は狭いです。



そのびっくりから3日後。

菊地シェフのスペシャリテ「スフレ・オ・ショコラ」を仕事で、たまたま恵比寿に行ってた親戚から
お土産に頂きました! 

またまた、びっくり! なんというタイミング・・・ 

しかも、フランス人の元同僚の話をしたら 「あーいたいた!」って。
 


IMG_4539a.jpg この「スフレ・オ・ショコラ」は、フランス古典菓子の書物「ラ パティスリー ドゥ オージョデュイ」の
ルセットをレザネフォールで現代風にアレンジして完成した菊地シェフのこだわりの逸品。

濃厚だけど、繊細な口溶けで程よい酸味があって大人のスフレ! でも、いくらでも食べれちゃいます!

東京に行った際には、ぜひどうぞ!

やっぱり、世界・・いや、世間も狭いです




御 礼

3月末から続いていた18日間に渡る催事(コープこうべとJR大阪駅)が昨日で終わりました。


18日間で 約3150本の生パウンド 販売することができました!...
(振り返ると、1人でよく焼いたなぁ、、と思います)


たくさんのお客様にご購入頂きまして、本当にありがとうございました。
この場をお借りして、お礼申し上げます!


暖かいお言葉をいただいたり、リピーターの方やお友達に宣伝してくださったお客様もいらっしゃり感謝感謝です。


今後ともマッサをよろしくお願いします!


リクルート情報


※フランス菓子に興味があり、技術の向上を目指している方、ラトリエ・ドゥ・マッサで働きませんか?


募集職種
 

  製造スタッフ

雇用形態
 

  正 社 員

その他
 

  経験者(3年未満)大歓迎/未経験者可/他詳細はお問い合わせにて。


イースターのお菓子  ガトー・ニ・ドゥ・パケ

IMG_4474.jpg4月5日はイースター(復活祭)ですね

イースター(復活祭)のお菓子、【Gateau Nid de Pâques(ガトー ニ ドゥ パック)】。
鳥の巣をイメージした伝統菓子です。


イースターとは、十字架に貼り付けにされ死んだイエス様が3日目に復活したことを祝う日でキリスト教にとって
クリスマスと同じくらい大事なイベントです。


今年は4月5日がイースターです。昨年は、4月20日 来年は3月27日と変動する祭日です。 
ちなみに・・・2124年は、4月2日!!(ずっと先まで決まってます)

フランスでは復活祭が近づくと、パン屋さんやお菓子屋さんなどの店頭に、卵、兎、雌鶏、鐘の型地をした、
チョコレートや生菓子、焼き菓子が並びます。
 

今回作らせて頂いたお菓子にも、誕生、復活、善意を示すシンボルでもある卵が巣の中に入ってます。


修行先が古典菓子、伝統菓子を置くお店が多かった事もあり、伝統菓子は好きなお菓子でもあります。

お店だけではなく、これからは、お菓子教室を通じて皆様に、お菓子とそれにまつわる歴史などを、お伝えしていきたいと思ってます。


<<前のページへ1234

アーカイブ

このページのトップへ